ライフプランに沿って

保険見直しに着手するには、適したタイミングの存在が見逃せません。代表的な時期を列記すれば、満期が近づいている契約に対しての見直し、ご自身が就職すなわち経済的独立、結婚、子供の誕生、転職や退職など、いずれも人生の節目がそれらに該当します。保険の中には自身が生きて行く上での経済的バックアップを目的とする保障も数々見られますが、死亡保険を始めとする生命保険は残されたご家族への保障が主目的であり、ご自身の家族構成が変化するタイミングの着手は見逃せません。

勿論キッカケは月々の保険料の負担が厳しくなったなど、経済的理由で会って当然ですし、各メディアで推奨宣伝されるコメントに興味を抱かれたからでも構いません。着手に際してはお手元に保険証券を揃えた上で、もう1つご自身あるいはご家族を交えての話し合いの中で見据えておいていただきたい存在が見逃せません。それが「ライフプラン」すなわち皆様の5年後、10年後、数十年後の姿であり、満期まで一定期間同一の契約内容が続く保険だからこそ、リアルタイムのみならず未来にもマッチした不保内容の検証が欠かせません。

皆様が「こうありたい未来」を保障するのが保険契約であり、中長期的展開を視野に入れての保障内容の修正が求められます。

見直し作業に際して

保険見直しという作業が多くの人達に認識されるに伴い、それぞれの加入状況や保障内容に意識を向けられる方々も増加傾向を見せています。そして一方で漠然と「何かに加入しているから大丈夫だろう」的に毎月保険料が引き落とされ続ける事にも疑問を抱かぬ方々も、潜在的に少なくないと推察されます。こうした方々の場合、実際に必要とする保障内容の欠落や、不要な保障に対して保険労を負担しているなど、ミスマッチが生じているリスクが否めません。

ですが突然「保険を見直しましょう」と推奨されても、保障内容などを正しく理解把握出来ていない以上、果たして何をどうすれば良いのか窮して当然です。さりとて現在契約している保険会社に見直しに関して相談すれば、他社商品との比較などは叶わず、納得の見直し作業は期待出来ません。

全国各地に急速に普及した来店型保険代理店は、上記を踏まえ、多角的な視点から私達の現在の加入状況を分かりやすく説明してくれ、更には見直すべきポイントの指摘からアドバイスなど、本当の意味での見直し作業の完了に欠かせぬ存在となっています。見直し作業に際して専門的な知識の確認は特に求められず、先ずはお手元に現在加入中の保険証券を準備するところからのスタートで問題ありません。

大切な時期の見極め

保険とは、被保険者に万一の事態が生じた際に、残されたご家族にまとまった保険金が支払われる事で、その後も経済社会の中で暮らして行くために、新たな生活態勢を立て直していただく金銭的バックアップが得られる金融商品です。当然少しでも多くの保険金が支払われるに越した事はありませんが、保障すなわち保険金と契約者が負担する保険料は当然比例しており、より大きな保障を求めるが故に多額の保険料を負担してしまえば、日常生活に不要な負担が生じ、ベストな加入状況とは言えません。

保険料の負担を軽減させるのが主目的での保険見直し自体は、決して間違った事ではありません。ですが単純に負担月額を安く抑えてしまえば、肝心の保障内容も薄くなってしまい、有事に必要な金額が支払われぬリスクが高まります。絶対に確保しておきたい保険金額を明確に見据え、余分と判断される保障内容をカットもしくは縮小する微調整を通じ、契約者にとってより理想的な契約状況を整えねばなりません。

その他就職や結婚など、人生の大きな節目を迎えた際にも、加入状況や保険金受取人に関する見直しが求められ、こうしたタイミングでの実践がお薦めです。無計画に思いついての保険見直しへの着手は結果、理想的な加入状況からむしろ遠ざかってしまう懸念が否めず、注意が必要です。

ベストな保険見直しを

一時期の各メディア上での過剰とも言える宣伝が、それまで加入した後に無意識に保険料を支払い続けていた多くの人達に、保険という存在を意識させたのh紛れも無い事実でした。それまで耳慣れなかった「保険の見直し」なる作業を通じ、保険料が抑えられる効果を前面に押し出す、人気タレントなどを出演させてのテレビコマーシャルの効果は絶大でした。それまで保険募集人による訪問販売が主体だった保険販売は、各代理店が構える来店型ショップへ私達が足を運ぶスタイルへと変化を見せ、今日全国各地のターミナル、ショッピングモール、更には地域密着の商店街などに、こうした来店型保険代理店が看板を掲げているのもまた、皆さんお気づきの通りです。

ですがより多くの人達の目を引く目的故に用いた「保険料が安くなる」「お得です」が強調された宣伝は、元来保険加入に際して見逃してはならない、大切な諸々への意識をお留守にさせてしまった感も否めません。果ては「保険料を安く抑えるのが保険見直しの1番の目的でありメリット」と捉える風潮の広がりも懸念され、この言葉が一気に注目を集めてから暫しの期間、必ずしも日本全国で行われた全ての作業が正しく実践されていたとは言えないのも事実です。

ここでは以下、保険見直しに際して見逃してはならない着手時期、すなわちタイミングに視線を合わせ、その時期を見極める際のポイントは、実際の見直し作業に際して見過ごせない注意点などをご紹介してまいります。