ライフプランに沿って

保険見直しに着手するには、適したタイミングの存在が見逃せません。代表的な時期を列記すれば、満期が近づいている契約に対しての見直し、ご自身が就職すなわち経済的独立、結婚、子供の誕生、転職や退職など、いずれも人生の節目がそれらに該当します。保険の中には自身が生きて行く上での経済的バックアップを目的とする保障も数々見られますが、死亡保険を始めとする生命保険は残されたご家族への保障が主目的であり、ご自身の家族構成が変化するタイミングの着手は見逃せません。

勿論キッカケは月々の保険料の負担が厳しくなったなど、経済的理由で会って当然ですし、各メディアで推奨宣伝されるコメントに興味を抱かれたからでも構いません。着手に際してはお手元に保険証券を揃えた上で、もう1つご自身あるいはご家族を交えての話し合いの中で見据えておいていただきたい存在が見逃せません。それが「ライフプラン」すなわち皆様の5年後、10年後、数十年後の姿であり、満期まで一定期間同一の契約内容が続く保険だからこそ、リアルタイムのみならず未来にもマッチした不保内容の検証が欠かせません。

皆様が「こうありたい未来」を保障するのが保険契約であり、中長期的展開を視野に入れての保障内容の修正が求められます。